近大の大砲・佐藤、リーグ通算12号 二岡先輩の記録にあと「1」

[ 2020年9月13日 05:30 ]

関西学生野球   近大4-1関学大 ( 2020年9月12日 )

<関学大・近大>9回1死、近大・佐藤輝明は同点の中越えソロを放ち、ベンチに向かって指を立てる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 阪神、巨人などが今秋ドラフト1位候補に挙げる近大の佐藤輝明内野手(4年)が関学大戦に「3番・三塁」でフル出場。0―1の9回に中堅へ今秋1号、リーグ戦通算12号となる同点ソロを放ち、秋季リーグ初の延長10回タイブレークでの4―1勝利を呼び込んだ。

 10球団17人のスカウトの前で同大の先輩である二岡智宏(現巨人3軍監督)の持つ通算13本塁打のリーグ記録にあと1と迫ったが「意識は全くない」と言い切る。阪神の和田豊テクニカルアドバイザーは「芯で捉えた打球はプロレベル」と絶賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース