ヤクルト4連敗&8カード連続負け越し 高津監督、岡本に初球本塁打された投手陣に苦言

[ 2020年9月13日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―5巨人 ( 2020年9月12日    東京D )

<巨・ヤ>初回、連打を浴び汗を拭う吉田喜(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは引き分けを挟んで4連敗を喫し、8カード連続の負け越しとなった。

 同点の7回に4番手の近藤が岡本に勝ち越しソロを被弾。岡本には初回にも先発の吉田喜が先制3ランを浴びており、高津監督は「ファーストストライクを2打席ともやられている。あがき、もがいてやられたのとは意味が違う。もうちょっと4番に対しての攻め方、考え方というのは、あったんじゃないか」と苦言を呈した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース