ロッテ・清田が「やっちゃった」からの猛アピールで勝ち越しリクエストに成功

[ 2020年9月13日 20:50 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2020年9月13日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>7回裏2死満塁から清田は遊撃へのボテボテのゴロ。アウト判定もリクエストでくつがえりロッテは勝ち越し(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテ・清田の執念のリクエストアピールが実り、2―2の均衡を破った。

 2死満塁の場面で代打で登場した清田が、遊撃へのゴロで一塁へ全力疾走。際どいタイミングで審判は一度はアウトの判定を下したが、清田は両手を拡げてベンチに「セーフ」の猛アピール。すかさず井口監督が球審にリクエストを求め、長い審議の末に判定は覆り、勝ち越しの内野安打となった。

 清田は「打った瞬間にやっちゃったと思ったんですけど、とにかく全力で走った。セーフになってくれてよかった」とにっこり。

 この回、相手守備のミスも重なり、4得点のビッグイニングを演出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース