阪神・藤浪 2回はピンチ背負うも無失点で切り抜ける

[ 2020年9月13日 14:46 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年9月13日    甲子園 )

<神・広(17)> 初回1死一、二塁、藤浪は鈴木誠に3ランを浴びる (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 初回に3失点した藤浪が2回は粘った。

 先頭の曽根に追い込みながら4球目を左翼越え二塁打を浴びると犠打で1死三塁とピンチを背負った。それでも、大盛をカットボールで空振り三振に仕留めると、最後は田中を一ゴロに仕留めて無失点。打線も2点を返し、1点差に詰め寄った中で立ち直るきっかけをつかみたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース