中日・与田監督 5回途中での継投策に「交代を正解にしてくれたのは選手たち」と救援陣労う

[ 2020年9月13日 21:05 ]

セ・リーグ   中日3―2DeNA ( 2020年9月13日    横浜 )

<D・中>5回途中降板した吉見(右)は与田監督に声をかけられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日は1点差を逃げ切り、横浜スタジアムで今季初の勝ち越しに成功した。

 光ったのが救援陣たちの力投だ。3―2の5回1死二塁のピンチで登板した又吉は、ソトに死球を与えたものの佐野、宮崎を打ち取り無失点。

 6回からは谷元、祖父江、福、R・マルティネスとつなぎ、1点のリードを守り切った。

 与田監督は、勝利投手の権利まであとアウト2つだった吉見に代え、又吉に託した場面を振り返り「勝ち投手の権利がかかるところで、吉見を本当に投げさせてあげたかった気持ちも当然あった」としながらも「その交代を正解にしてくれたのは選手たちなので、プレッシャーがかかるところでよくつないでくれた」とリリーフ陣を労った。

 また、先発・吉見についてもリーグトップの打率を誇るDeNA打線相手に5回途中まで2失点と粘投。指揮官は「低めを何とか丁寧に丁寧に、狭い球場なのでソトに一発打たれたが、ボールになっても低め低めという吉見の良さは出ていた」と評価した。その上で5回途中での交代に関しては「とにかく勝つということを最優先に考えた結果」とした。

 打線も初回に2点を奪うと、3回には平田が2カ月ぶりとなるソロ。指揮官は「スイングの力強さというのが出てくれば、もっとヒットが出てくると思う」とさらなる復調に期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース