阪神・桑原 513日ぶり1軍登板で3、4番斬り「抑えることができてよかった」

[ 2020年9月13日 16:30 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年9月13日    甲子園 )

<神・広>阪神4番手の桑原(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・桑原が公式戦では昨年の4月19日巨人戦以来、513日ぶりのマウンドに上がった。

 「久しぶりの登板でしたが、ランナーのいる場面で使っていただき、抑えることができてよかったです」

 5―6の6回1死一塁から堂林をスライダーで三邪飛に打ち取ると、続く鈴木も空振り三振に仕留め、ベテランが復帰のマウンドで役目を果たした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース