ヤンキース・田中 次回先発は18日の本拠地ブルージェイズ戦

[ 2020年9月14日 03:43 ]

ヤンキースの田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(31)の次回先発が17日(日本時間18日)の本拠地ブルージェイズ戦になることが決まった。

 13日(同14日)、オリオールズ戦の前にアーロン・ブーン監督が発表した。

 ヤンキースは12日まで4連勝を挙げ、その間はガルシア、コール、田中、モンゴメリーの先発投手陣がすべて好投。過去8戦でも先発陣の防御率1.97と好調で、ブーン監督も「(先発投手陣が)スパークを与えてくれている」と満足そうだった。

 11日の登板ではオリオールズを5回3安打1失点に抑え、2勝目を挙げた田中は本拠地で調整した。

 午前10時半ごろにフィールドに姿を見せると、マット・ブレーク投手コーチの見守る前で堀江慎吾通訳を相手にキャッチボール。約15分間にわたって感触を確かめた後、ブレーク投手コーチの持つスマホを見ながらしばらく言葉を交わしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース