巨人・丸 10試合ぶり一発は逆転2ラン「失投が少ない投手なので…」

[ 2020年9月13日 16:34 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2020年9月13日    東京D )

<巨・ヤ>4回1死一塁、小川から逆転2ランを放つ丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・丸佳浩外野手(31)が逆転の15号2ランを放った。

 1点を追う4回1死一塁、先発・小川の高めに浮いたチェンジアップを完璧に捉え、右中間席中段に運んだ。「感触は良かったです。失投が少ない投手なので1球で仕留めることができて良かったです」。9月2日のDeNA戦以来10戦ぶりの一発で、ベンチの原監督やナインらと「丸ポーズ」で喜んだ。

 6回には2死から中島の6号ソロでリードを2点に広げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース