西武・外崎 プロ野球史上7度目の珍記録先頭弾

[ 2020年9月13日 16:26 ]

パ・リーグ   西武1―0ソフトバンク ( 2020年9月13日    ペイペイドーム )

<ソ・西>初回無死、左越え本塁打を放った外崎(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 西武は敗れると自力優勝が消滅する瀬戸際で、1―0の辛勝と踏みとどまった。

 初回。先頭の外崎がソフトバンク先発・石川の投じた1ボールからの144キロの直球を、左翼席最前列へ4試合ぶりとなる5号ソロ。この1点で「スミ1」の勝利。初回表の先頭弾のみの1―0の勝利は、史上7度目という珍記録になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース