ロッテ・沢村 守護神も!8連戦控え井口監督「幅ができた」

[ 2020年9月13日 05:30 ]

福嶋打撃投手(左)とポーズを決める沢村
Photo By 提供写真

 ロッテ・井口監督が巨人からトレードで移籍し、ここまで2試合で計2回を完全に抑えている沢村を「限定守護神」として起用する可能性を口にした。オリックス戦は雨天中止。きょう13日から8連戦となるだけに「(ブルペンは)沢村が入って幅ができた。(連投で)益田、ハーマンが投げられない場合は沢村が9回に投げるパターンもある」と話し、16年のセ・リーグセーブ王に最後を任せることも視野に入れた。

 移籍即登板した8日の日本ハム戦では福嶋明弘打撃投手の106番のユニホームを借り、3者連続三振で移籍デビュー。これを記念し、背中に「FUKUSHIMA106」が入ったTシャツなどの沢村グッズが15日から発売される。沢村も「ユニホームを貸していただいた福嶋さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース