BC栃木のムネリン 初回第1打席初球を先制ソロ! デビュー戦でいきなり魅せた

[ 2020年9月13日 13:23 ]

BCリーグ   栃木―茨城 ( 2020年9月13日    栃木県小山市 )

<BCリーグ 栃木・茨城>初回、大歓声を受けてグラウンドに飛び出す栃木・川崎(中央)(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 独立リーグ・BC栃木の川崎宗則内野手(39)が13日、BC茨城戦でデビュー戦を迎えた。

 「2番・三塁」で出場。いきなり魅せた。初回の第1打席の初球を完璧に捉え、右翼へ先制ソロ。スタンドは大歓声に包まれた。

 初回から守備機会も訪れた。1死から2番、3番の連続三ゴロを無難に処理し、一塁を守る西岡に送球。06年のWBCで二遊間を組み、世界一に輝いた西岡とのコンビで沸かせた。

 川崎は自律神経の病気を発症し18年3月にソフトバンクを退団。昨年7月から台湾プロ野球の味全に所属し、今月7日にBC栃木の入団会見に臨み、この日がデビュー戦だった。試合直前にはベンチ前で西岡とキャッチボールも行った。初回の守備に就く前には大歓声を送るスタンドのファンへ深々と頭を下げる姿もあった。  

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース