NTT東日本・佐々木 9球団スカウトの前で2回零封 中日「ストレートに魅力」と好評価

[ 2020年9月13日 20:18 ]

社会人・六大学対抗戦   東大5―5NTT東日本 ( 2020年9月13日    神宮 )

<NTT東日本・東大>力投するNTT東日本先発の佐々木(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補左腕のNTT東日本・佐々木健(24、富士大)が先発で2回を2安打無失点に抑えた。初回は内野安打で無死満塁も後続を断つと、2回はこの日最速147キロの直球を軸に2三振を奪った。今月23日開幕の都市対抗野球・東京2次予選への調整とあり31球で降板したが「ストレートの感じは悪くなかった。軸となる真っ直ぐとチェンジアップを磨ければ…」と振り返った。

 スタンドには9球団のスカウトが集結。中日・小山良男スカウトは「ストレートに魅力を感じる。まだまだ精度は上がるはず」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月13日のニュース