阪神・藤浪 30分使って入念にキャッチボール 登録抹消されず次回も1軍で先発へ

[ 2020年9月6日 16:12 ]

<神・巨>雨が降り、グラウンドから引きあげる藤浪(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の藤浪晋太郎投手(26)が、次回も1軍で先発起用される可能性が高まった。

 前日5日の巨人戦で11失点を喫してKOされた右腕は6日、甲子園での全体練習に参加。グラウンドに一番乗りすると、福原投手コーチと約10分間、話し込んだ。その後は、30分以上にもわたって入念にキャッチボール。1球、1球、時間をかけて腕を振った。途中、降雨に見舞われ室内に引き揚げることになったが、必死に復調への糸口を探した。出場選手登録抹消はされず、11日からの広島3連戦中の登板が予想される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース