日本ハム・有原 粘投!今季最長8回2失点で4勝目

[ 2020年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―2西武 ( 2020年9月5日    札幌D )

<日・西>4回2死一塁、メヒアを空振り三振に仕留め雄叫びをあげる有原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・有原が今季4勝目を挙げた。2度のリードを追いつかれたが、逆転は許さず8回6安打2失点。4奪三振無四球と打たせて取る投球で粘った。

 貫く鉄仮面が崩れ、有原の表情がほころんだ。送った拍手は8度。それほどスペシャルなプレーだった。8回先頭・金子の打球。自分の右足付近をすり抜けたゴロを遊撃・中島が滑り込んで捕り、くるっと体を回転させて一塁に投じた。ハーフバウンドを好捕した中田の支えもあって美技完成。「守備が凄く助けてくれた」という8イニングの中でも最たるプレーで気合を入れ直したエースは源田投ゴロ、外崎遊ゴロでこの回を終えた。

 試合の中には流れがある。好守と、それを利した有原の3人斬りで、流れは日本ハムに完全に傾いた。その裏、4点の勝ち越し。決勝の3点三塁打を放った西川と一緒に受けたヒーローインタビューでは、西川が三塁到達した時に見た三塁ベンチにいなかったことを突っ込まれた。「ちょうどアイシングをしていて…。でも、絶対打ってくれると思っていた」と笑った。

 投球自体は「あまり調子が良くなかった」という。2―1の6回は2死三塁から山川に153キロ速球を左前に運ばれ、同点とされた。「中に入った球。ああいう場面を抑えないと、どんどん勝っていけない。細かい制球の面は改善していきたい」。今季最長タイの8回を104球でカバーしたテンポの良さに、一段と隅を突く制球が加われば、4勝6敗で抱える自身の「借金2」の完済はすぐだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース