ヤクルト・青木が途中交代 守備で好プレーも左手首を痛がるそぶり…

[ 2020年9月6日 20:04 ]

セ・リーグ   ヤクルト―中日 ( 2020年9月6日    神宮 )

<ヤ・中>4回2死、ビシエドの飛球を好捕し転倒する青木(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木宣親外野手(38)が、5回の守備から途中交代した。

 この日は「5番・左翼」で出場。4回に無死二塁で、ビシエドの鋭い当たりをダッシュして好捕。追加点を阻む好プレーを見せたものの、左手が体の下に入る体勢となり、顔をしかめていた。

 4回の打席には立ったものの、遊ゴロに倒れ、そのまま交代。左翼の守備には坂口が入り、青木に代わって雄平が出場し、右翼に入った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース