筒香 先制6号!全打席出塁「いろいろな引き出しが整ってきた」

[ 2020年9月6日 02:30 ]

インターリーグ   レイズ5―4マーリンズ ( 2020年9月4日    セントピーターズバーグ )

<レイズ・マーリンズ>2回、先制ソロを放ったレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズ・筒香が存在感を示し、1点差勝利に貢献した。まずは2回、右腕ロペスの外角カーブを左中間に先制6号ソロ。エンゼルス・大谷と並んでいた本塁打数を上回った。8月16日のブルージェイズ戦で左中間へ本塁打した際に「あそこに出ているのはいい傾向だと思う」と話していた通り、1―2の4回には変化球を右前へ。一挙4点につなげた。5、8回には四球を選び、全打席で出塁した。

 ここ4試合のうち3試合で安打を放ち、複数安打は2度。「徐々に投手との間合いが自分の間合いになってきたりとか、今まで経験した中でのいろいろな引き出しが整ってきた」と言うように、メジャー適応の兆しを見せている。ケビン・キャッシュ監督は「彼の打撃が良くなっていることで打線に厚みが出る」と目を細めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース