ソフトバンク また7回の悪夢…継投裏目、連夜の逆転負けに工藤監督「私の責任」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―5ロッテ ( 2020年9月5日    ペイペイD )

<ソ・ロ>7回、加藤の打球を後逸する三塁手・松田宣(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクファンの期待を背負った代打・川島が放った痛烈なライナーは、二直となった。バットに当たった瞬間にスタートを切るギャンブルスタートの作戦を取った三塁走者・周東が憤死し、試合は終わった。2位・ロッテに1点差の惜敗を喫し2連敗。ゲーム差は1・5に縮まった。工藤監督は「ライナーは仕方がない」と振り返った。

 またしても「魔の7回」に逆転を許した。打線は6回に3点を奪い4―2とリードしたが、先頭の加藤の打球を三塁手の松田宣が弾く失策。マーティン、清田の連打で1点差とされると、1死二、三塁の場面で笠谷に代わって松本を投入。だが、中村奨に逆転の左翼線二塁打を許した。左翼手・グラシアルが捕球できそうな当たりだっただけにアンラッキーな部分もあったが、若手投手が踏ん張りきれず、指揮官は「結果が悪ければ継投が悪かったということなので私の責任」と話した。

 高橋礼が疲労の蓄積などでベンチから外れる中、8回のモイネロ、9回の森につなぐことができなかった。今季は7回にイニング別で最多となる46失点を喫している。ロッテ戦はこの傾向が顕著で、7回は16失点と、今季ロッテ戦全失点の実に36%を占めている。この日も前日に続く失点で、11試合で7度、7回に点を失っている。

 工藤監督は「1、2回打たれても信頼は揺らがない。8、9回は固まっているので、もう一回(救援陣を)立て直していきたい」と力を込めた。

 ロッテとの対戦成績は3勝7敗1分。6日の試合に向け、工藤監督は「いろいろなことが起こるので一喜一憂してもね。切り替えることが大事」と前を向いた。シーズン中盤とはいえ、2位チームとの直接対決で、3連敗だけは避けなければならない。終盤の入り口に、魔物が潜んでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース