日本ハム・マルティネス「緊張」初抑え ピンチ切り抜け「良かった」

[ 2020年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―2西武 ( 2020年9月5日    札幌D )

<日・西>9回に登板したマルティネス(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム守護神・秋吉不在の9回はマルティネスが締めた。8月20日の楽天戦で右手薬指に打球を受けて打撲し、先発への復帰過程で2日の楽天戦で来日3年目で初めて救援登板。この日が2度目の救援で、4点リードとはいえ初の9回のマウンドだった。

 安打と味方の失策で1死一、二塁のピンチを迎えたが、後続を打ち取った右腕は「初めての抑えで少し緊張したが、チームの勝利に貢献できて良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース