大谷翔平 代打で空振り三振、打率・192 Wヘッダー2試合目 チームは接戦制し4連勝

[ 2020年9月6日 14:55 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―6アストロズ ( 2020年9月5日    アナハイム )

エンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が5日(日本時間6日)、本拠地アナハイムでのアストロズとのダブルヘッダー2試合目(7回制)の6回に代打で出場し、空振り三振で、打率は・192。チームは7―6で敗れ、この日のダブルヘッダー連勝で4連勝とした。

 2点を追う6回2死の場面で登場。右腕カステラノスと対戦し、空振り三振に倒れた。

 この日のダブルヘッダー1試合目(7回制)では「4番・DH」で先発出場。先制左前適時打するなど3打数1安打1四球でチームの勝利に貢献し、打率・193としていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース