平野 5度目登板で初失点 指揮官の信頼変わらず「基本的には9回を投げさせる」

[ 2020年9月6日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ―レンジャーズ ( 2020年9月4日    シアトル )

<マリナーズ・レンジャーズ>9回に登板したマリナーズ・平野(AP)
Photo By AP

 マリナーズ・平野は今季5度目の登板で初失点を喫した。5点リードの9回に四球と3安打、犠飛などで2点を失った。ただ不運な当たりが連続した中で、リードは守り切った。

 これまで4度の登板では安定感を示しており、信頼感は変わらず。スコット・サービス監督は「経験のある投手。基本的には9回を投げさせる」と方針を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース