ロッテ 今季両リーグ最多21度の逆転勝利!終盤に粘り 7回以降で12度

[ 2020年9月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5― 4ソフトバンク ( 2020年9月5日    ペイペイD )

<ソ・ロ>勝利を喜ぶ(左から)井口監督、中村奨、美馬らロッテナイン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテは7回に中村奨が2点二塁打を放ち逆転勝ち。チームの逆転勝利はソフトバンクと西武の各16度を上回る今季両リーグ最多の21度目。うち、7回に逆転するのは4度目。イニング別では5、8回に並ぶ最多回数で、7回以降の逆転勝利が半数以上の合計12度と、終盤の粘りが光っている。

 また、逆転勝利試合の個人別決勝打回数を見ると最多はマーティンの4度で、この日V打の中村奨はこれに次ぐ3度。両者が決勝打を放ったイニングを見ると、マーティンが4回1度、5回3度と前半のみなのに対し、中村奨は7回2度、9回1度と全て終盤に打っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース