高校生合同練習会 国学院栃木・シャピロが最速更新147キロで4奪三振 スカウト高評価

[ 2020年9月6日 20:33 ]

NPB合同練習会第2日 ( 2020年9月6日    東京ドーム )

<プロ志望高校生合同練習会>シート打撃に登板する国学院栃木のシャピロ・マシュー一郎(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 米国人の父を持つ国学院栃木の右腕・シャピロ一郎がシート打撃に登板し、打者のべ6人から4奪三振。自己最速を1キロ更新する147キロをマークした。「ベストは尽くした。アピールできたと思います。140キロ台を連発できて良かった」と手応えを口にした。

 今春まで公式戦登板がなく、今夏は独自大会で2試合に登板したのみ。「実績が乏しいので、この練習会が行われると決まり、出る以外に選択肢はないと思った。チャンスをいただけてありがたかったです」と感謝した。

 バックネット裏で視察した12球団のスカウトからも「一番目立っていて、印象に残った」「とにかく体格が素晴らしい。ぜひ指名したい」「計り知れない成長度合い」などとの高評価の声が上がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース