高校生合同練習会 健大高崎のエース左腕・下がシート打撃に登板 7人と対戦し2安打1奪三振

[ 2020年9月6日 16:07 ]

NPB合同練習会第2日 ( 2020年9月6日    東京ドーム )

<プロ志望高校生合同練習会>シート打撃に登板する健大高崎・下(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 昨秋明治神宮大会準優勝の高崎健康福祉大高崎のエース左腕・下慎之介投手(3年)がシート打撃に登板。

 打者7人に2安打2四球、1三振の内容で「夏の大会や甲子園(交流試合)に比べたら良い投球ができたので満足している」。

 甲子園交流試合終了後は練習会不参加の意向を明かしていたが「夏の大会が思うような結果出せなかったので、このままだとやばいと思って来させてもらいました」とさらなるアピールを目指して参加した。

 コースぎりぎりを狙う投球で惜しくも2四球を出したが「上の世界では大胆に投げているようでは通用しない。プロ野球選手と対戦しているつもりできわどいところに投げた」。

 小さい頃から巨人ファンでもある下。憧れだった東京ドームも満喫した様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース