ロッテ・二木「3連勝と2勝1敗では全然違った」6回2失点で3勝目、首位ソフトBと0・5差に迫る

[ 2020年9月6日 16:38 ]

パ・リーグ   ロッテ4―2ソフトバンク ( 2020年9月6日    ペイペイD )

<ソ・ロ12>ロッテ先発・二木(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 2位・ロッテがソフトバンクとの首位攻防3連戦を3連勝。3日の西武戦から4連勝とし、ゲーム差を0・5に肉薄した。

 先発の二木は「いつも通り、テンポよく、ピッチャー有利のカウントを作っていこう」と意気込んで臨んだこの試合。

 6回4安打6奪三振2失点の投球内容を振り返り「5回までは良いピッチングが出来ていたんですけど、6回につかまってしまったので、まだまだだなと」と悔しさをにじませた。

 それでも、打線の援護もあり、3勝目(2敗)。19年4月6日から続く同一カードでの連勝を5に伸ばした。首位ホークスとのゲーム差は、わずか0・5。「3連勝するのと、2勝1敗にするのとでは全然違ったと思うので、なんとか勝ててよかったです」と声を弾ませていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月6日のニュース