ソフトバンク・今宮 1号逆転V3ラン!「体の反応で打てた」

[ 2020年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9―6西武 ( 2020年6月24日    メットライフD )

<西・ソ>6回、逆転の左越え3ランを放つ今宮(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの打のヒーローは今宮だ。2点を追う6回1死一、二塁から西武・今井のカーブを無人の左翼席へ逆転3ラン。チームの連敗を止める今季1号となった。新人・津森に、プロ初勝利をプレゼントする祝砲にもなった。

 「チャンスで簡単に凡退したり悔しい気持ちだったので、自分のスイングをするだけと…。でもカーブは全く頭になかった。ない分、体の反応で打てた」

 2回1死一、三塁こそ一飛に倒れたが、昨季10打数5安打と「お得意様」にした今井の変化球を完璧に捉えた。

 開幕前から背中の張り抱え、20日のロッテ戦は途中出場。それでもこの日は10度の守備機会を無難にこなした。「まだまだ始まったばかりですけど、1勝ずつ積み重ねて優勝を目指したい」。眼下の敵に打ち勝っても、戦いは始まったばかりと気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース