ヤクルト5年目26歳の山崎大暴れ!!3安打2打点、盗塁も決めた

[ 2020年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―1阪神 ( 2020年6月24日    神宮 )

<ヤ・神>4回1死、バットを折りながら右前打を放つ山崎(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト5年目の山崎が3安打2打点1盗塁と躍動。初回、5回に適時打で貴重な追加点を挙げてチームの連敗を2で止め「自分が(走者を)還すというよりも後ろの打者につなぐという気持ちがいい結果になった」と喜んだ。

 自主練習期間中は2軍施設で「思い出したくない」と苦笑いするほどバットを振り込みスイング力を上げた。昨季は自己最多80試合に出場して飛躍の足掛かりをつかみ、今カードから先発起用された26歳は「チャンスをもらった試合は自分の持ち味を出せるようにしたい」と鼻息が荒かった。

 ▼ヤクルト・スアレス(6回2安打1失点で今季初勝利)三振よりも低めに投げて凡打をイメージしていた。打線も打ってくれたので良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース