日本ハム・ドラ1河野 惜しい…勝利投手の権利まであと1死で痛恨被弾

[ 2020年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―5楽天 ( 2020年6月24日    楽天生命 )

<楽・日>先発する日本ハム・河野 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・河野がプロの洗礼を受けた。初登板初先発で4回まで無失点。2点リードの5回に悪夢が待っていた。1点を失い、なお2死一、三塁で4番・浅村をカウント1―2と追い込んだが、4球続けた外角直球を3ランされた。勝利投手の権利を得るまであと1死、あと1球での痛恨被弾に「あの1球で試合が変わってチームが負けた。ワンヒットならまだ同点。一番やってはいけないことをしてしまった」と悔しがった。

 5四球ながら試合をつくった左腕に「よく粘ったし、彼の良さが見えた。あそこを乗り越えて勝たせてやりたかった」と栗山監督。河野は、涌井が3回までに2失点しながら7回2失点でまとめたことに「粘って抑えるのがこの世界で勝てる投手」と話した。この経験を今後に生かす。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース