60試合制で…ヤンキース・田中 7年連続2桁勝利厳しい?

[ 2020年6月25日 05:30 ]

ヤンキースの田中将大投手
Photo By スポニチ

 今季の大リーグは60試合制で、各部門タイトルの数字も大幅に変わる。

 スポーツ専門局ESPNによれば、開幕60試合で30本塁打以上は年間最多記録の73本を放った01年ジャイアンツのバリー・ボンズのみ(32本)。先発投手は5人で回した場合でも12試合しか登板できず、メジャーデビューから6年続けたヤンキース・田中の2桁勝利は高いハードルとなる。過去の最多勝で最も勝利数が少なかったのは、両リーグとも81年の14勝。ストライキの影響で102~111試合に短縮された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース