阪神・秋山が力投、無失点で降板

[ 2020年6月25日 20:20 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2020年6月25日    神宮 )

<ヤ・神>力投する阪神先発の秋山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神先発の秋山が0―0の7回に先頭の青木、村上に連打を浴び、降板した。開幕前の実戦で28イニング連続無失点を続けたまま上がった公式戦初マウンド。ヤクルト打線を相手にこの日も6回まで0を並べたが、味方の援護がなかった。

 残した無死一、二塁のピンチは2番手の岩崎が粘って無失点。6回0/3を3安打無失点の右腕に白星こそ付かなかったものの、先発ローテーションの座を固める力投となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース