プロ初登板DeNA先発坂本へ 主将・佐野が、宮崎が援護点!大量リード

[ 2020年6月25日 19:03 ]

セ・リーグ   DeNA―中日 ( 2020年6月25日    横浜 )

<D・中>3回1死一、三塁、左適時二塁打を放つ佐野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAの佐野恵太内野手が貴重な追加点をたたき出した。

 2―0の3回1死一、三塁。岡野の直球を逆方向へ運び、左翼フェンス直撃の適時二塁打とした。新主将は「しっかり自分のスイングができました。やっとチャンスで打つことができたので、これからも打てるよう頑張ります」と安どの笑みを浮かべた。

 プロ初登板初先発のドラフト2位・坂本が3回まで中日打線を無安打に封じる好投。その左腕に援護点をプレゼントすると、一塁ベンチ前でキャッチボールをしていた坂本も両手をたたいて喜んだ。

 さらに2死二、三塁から宮崎が中堅フェンス直撃の2点適時打。この回3点を奪い、リードを5点に広げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース