巨人 “原監督賭けゴルフ”報道で新潮社に抗議「事実無根の内容」

[ 2020年6月25日 05:30 ]

<巨・広>9回、ベンチで厳しい表情を浮かべる原監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人は24日、原辰徳監督(61)が高額の賭けゴルフをしていたと週刊新潮が報道することに対して、発行元の新潮社と同誌編集部に弁護士を通じて抗議し、記事の取り消しと謝罪文の掲載を要求したと発表した。

 同誌は今週発売の7月2日号で、十数年前から原監督と一緒にゴルフをプレーしていたという50代男性の話として、1回150万円近く動く賭けゴルフをしていたと報道。巨人は事実関係を調査したとした上で「告発者とされる男性の虚言を中心に、荒唐無稽な事実無根の内容で構成されている」などと反論した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース