阪神2軍 高卒ルーキーらの活躍で2連勝、井上連続適時打に及川2回完全 遠藤は初安打

[ 2020年6月25日 15:42 ]

ウエスタン・リーグ   阪神4―2オリックス ( 2020年6月25日    甲子園 )

阪神の井上広大
Photo By スポニチ

 阪神は高卒新人選手の躍動でウエスタン・リーグ2連勝を果たした。1点ビハインドの3回2死一、二塁からドラフト2位・井上が、オリックスのドラフト1位左腕・宮城から公式戦初打点となるセンターオーバーの2点適時二塁打を放ち逆転。井上は5回にも三塁に走者を置いた場面で左前適時打を放ち、2打席連続のタイムリーヒットとした。

 7回には同3位の及川が公式戦初登板を果たし2回を完全投球。最速151キロを計測するなど前日の西純に続いて力強い投球を甲子園で披露した。同4位の遠藤は2回に昨年のU18W杯で同僚だった宮城から公式戦初安打を放つなど、若手の躍動が目立った試合だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース