西武 3安打で連敗、バンデンに7回まで無安打 辻監督も脱帽「素晴らしかった」

[ 2020年6月25日 21:18 ]

パ・リーグ   西武2―4ソフトバンク ( 2020年6月25日    メットライフドーム )

<西・ソ>厳しい表情の西武・辻監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武は、ソフトバンク先発・バンデンハークに7回まで無安打無得点に封じ込められるなど、3安打2得点で連敗。借金は2となった。

 打線は、初球から積極的にファーストストライクを打ちにいくも、ミスショットが目立ちバンデンハークをリズムに乗せた。それでも辻監督は「(積極策は)いつものことですよ。どんな投手でも。積極的にストライクを打ちに行く。それでボールを見逃す」と打線をかばった。

 そしてバンデンハークについて「素晴らしかった。ストライクを先行されて、変化球も乱れることなく投げられたら、そうは打てない。ヒットを1本も打てないんじゃないかと思った」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース