楽天先発・塩見 5回途中5失点KO「もう少し粘りたかった」と反省

[ 2020年6月25日 20:18 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2020年6月25日    楽天生命パーク )

<楽・日>4回1死、中田にソロ本塁打を浴びる楽天・塩見 (撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 楽天の塩見貴洋投手(31)が25日の日本ハム戦に先発し、4回2/3を7安打5失点でKOされた。4年ぶりに開幕ローテーション入りを果たし「先発投手が多いので、結果を残せないとローテーションを守れない」と意気込んでいたが、今季初登板は不本意な結果に終わった。

 降板後は「先頭(打者)を出して自分からリズムを悪くしてしまった。少しまとまりすぎて、甘くなったところを捉えられた。もう少し粘りたかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース