広島 タナ2安打2打点&キクお目覚め1号で勝利に貢献

[ 2020年6月25日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5―1巨人 ( 2020年6月24日    東京D )

<巨・広>2回、右へ2ランを放つ田中(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼&田中広も大きく勝利に貢献した。初回の投ゴロで開幕から19打席無安打だった菊池は3回に中前打。流れに乗った5回は左中間へ今季1号ソロを運び「いい追加点になったので良かった」と振り返った。7回にも左前打、9回は四球を選ぶなど完全復活。

 佐々岡監督も「苦しんできたキクが3本打って、チームの雰囲気も良かった」と目を細めた。田中広は2回に右中間に貴重な追加点となる2ランを放つなど2安打2打点。選手会長も務める30歳は「明日も、いい流れでいけるようにしたい」と言葉に力を込めた。

 ▼広島・九里(7回2安打1失点、自責0、9奪三振で今季初勝利)三振を取るタイプではないので数は気にしない。自分らしくゴロを打たせられれば、もっと長いイニングも投げられますから。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース