阪神ドラ4位・遠藤 U18時代の同僚・宮城打ちで公式戦初安打

[ 2020年6月25日 13:20 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―オリックス ( 2020年6月25日    甲子園 )

 「7番・三塁」で先発した阪神ドラフト4位・遠藤成内野手(18)が公式戦3戦目で初安打を記録した。

 2回2死走者なしで迎えた第一打席、オリックスのドラフト1位左腕・宮城に対してカウント3ボール2ストライクから129キロスライダーをはじき返し、打球は一、二塁間を抜けた。昨年のU18W杯を共に戦った新人同士の対決を制し、公式戦6打席目にして初安打とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース