西武・今井 乱調7失点「取り組んだことが出せなかった」も辻監督かばう「昨年と違う」

[ 2020年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―9ソフトバンク ( 2020年6月24日    メットライフD )

<西・ソ>6回に逆転を許した今井(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の今井が今季初先発で6回途中12安打7失点と乱調。「立ち上がりですね。練習試合や紅白戦で取り組んだことが出せなかった」と肩を落とした。

 初回に自己最速タイの155キロを計測したものの、上林に中越え3ランを浴びるなど、いきなり4失点。2点リードの6回には今宮に決勝3ランを浴びた。それでも、辻監督は「昨年と違う投球。ピンチで(弱気に)ストライクを取りにいく部分もなかった」と4年目右腕をかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース