ロッテ・レアード2戦連発3号で早くも3冠!“雪見だいふく弾”に大喜び

[ 2020年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―4オリックス ( 2020年6月24日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>雪見だいふくのボードを手に笑顔のレアード(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 あまぁ~いものは大好き!ロッテの4番・レアードが初回1死一、二塁でK―鈴木の“甘い直球”を逃さなかった。「しっかり狙っている球を待って、ゾーンを上げた。甘い球が来たので反応できた」。2試合連発となる先制3号3ラン。打球は左翼席に設置された「雪見だいふく」の球団企画のホームランターゲットを直撃し、ひと夏分(90個)のロッテアイスをゲットした。「幕張、アイス、大好きね。早く家に持って帰って家族で食べたいよ」と大喜びだ。

 昨季は開幕から4戦連発、今季も5戦3発と絶好調だ。打率・438、6打点。ちょっと気も早いが、打撃3部門でトップに立った。「(昨季のレアードは中盤以降、失速したが)このまま一年間いってほしいね」。4連勝を飾り、楽天と並んで首位をキープした井口監督も笑顔だった。(横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース