元同僚が楽天・涌井の勝利援護 西武時代の後輩浅村が逆転V弾&ロッテで同僚大地が反撃のろし

[ 2020年6月25日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5-2日本ハム ( 2020年6月24日    楽天生命 )

<楽・日>笑顔でガッツポーズする浅村(左)と涌井(撮影・白鳥 佳樹)  
Photo By スポニチ

 2点を追う5回の逆転劇は選手の特長が凝縮された。1死一塁から茂木の左邪飛で辰己が二塁へタッチアップすると、三盗も決める。一、三塁となって、初めて3番で起用された鈴木大の中前適時打で1点差に。続く浅村が2試合連発となる右越え2号3ランで一気に逆転した。

  昨年12月に金銭トレードでロッテから移籍した先発の涌井が移籍後初登板初先発で初勝利。ロッテでも同僚だった鈴木大が「涌井さんに勝ちを付けたかった」と言えば、西武時代の後輩の浅村は「まだ試合に出られない時から声を掛けてくれた先輩。結果的に自分の一発で勝ちを付けられて良かった」と振り返った。

 ウイニングボールを手にした涌井も「誕生日プレゼントをもらいました」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース