日本ハム・バーヘイゲン来日初登板で勝利!「うれしい気持ちでいっぱい」

[ 2020年6月25日 21:39 ]

パ・リーグ   日本ハム8―4楽天 ( 2020年6月25日    楽天生命 )

初勝利をあげた日本ハム・バーヘイゲンはウイニングボールを手に笑顔を見せる (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 日本ハムは14安打8得点で勝利した。先発のバーヘイゲンが6回94球を投げて、3安打2失点で17年のメンドーサ以来となる来日初登板勝利となった。

 バーヘイゲンは「日本で1勝目が出来てうれしく思います。1勝を挙げられたことと連敗を止められたので、うれしい気持ちでいっぱいです」と来日初勝利の喜びを話した上で、「今日の勝利はリードしてくれたキャッチャーの清水のおかげだと思います。そして野手の皆さんが良いプレー、良い守備を見せてくれたおかげで日本での初勝利を挙げられたと思います」とチームメートたちに感謝した。

 今後に向けては「チームの勝利に貢献できる投手になりたいですし、周りから信頼される投手になることが今シーズンの目標です。勝てる投手になってファイターズを日本一に導いていけるように頑張りたいと思います」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース