リハビリ開始の巨人・小林 ネットスロー、右手だけのティー打撃で汗

[ 2020年6月25日 11:28 ]

室内練習場でリハビリを行った巨人・小林
Photo By スポニチ

 左尺骨骨折で出場選手登録を抹消された巨人・小林誠司捕手(31)が25日、川崎市のジャイアンツ球場でリハビリを行った。

 雨天のため、室内練習場でストレッチや筋力トレーニングのほか、ボールを使った練習も実施。塁間まで離れてのネットスローや右手だけのティー打撃で汗を流した。

 小林は21日の阪神戦で4回に左肘付近、5回に左前腕に2打席連続で死球を受け、都内の病院で診察を受けて骨折が判明。23日に出場登録を抹消された。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年6月25日のニュース