明大 履正社出身・竹田が6回無失点 後輩の全国制覇が刺激

[ 2019年9月4日 14:57 ]

6回無失点に抑え笑みを浮かべる明大・竹田
Photo By スポニチ

 東京六大学の明大が4日、東洋大とのオープン戦を行い、先発の竹田祐(2年、履正社)が6イニングを無失点に抑え結果を出した。ドラフト1位候補・森下暢仁(4年、大分商)に次ぐ投手が課題の明大は、ドラフト候補の伊勢大夢(4年、九州学院)が2日の駒大戦で4イニング12失点の大乱調。竹田がこの日3安打零封したことで第2戦候補に大きく浮上した。

 春は4勝しながら規定投球回に達せず悔しい思いをした竹田。「春ダメだったので夏は投げ込みでフォーム固めと下半身強化をしてきました」と話した。母校の履正社が全国優勝し大きな刺激を受けたそうで「僕も負けてられません」と秋こその思いを口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース