楽天 和田恋が2軍降格、ベテラン藤田が合流 平石監督「これでだめというわけではない」

[ 2019年9月4日 19:51 ]

楽天・和田恋(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天・和田恋外野手(23)が4日、出場選手登録を抹消された。7月に巨人から交換トレードで加入。8月11日のオリックス戦(楽天生命パーク)でプロ初本塁打を放つなど、31試合で打率・252、11打点、2本塁打という成績だった。パンチ力のある打撃が魅力だが、8月27日のロッテ戦(同)から4試合連続で無安打。平石監督は「能力は高いけど、最近は打席で迷っているところがあった。これでだめというわけではない」と説明した。

 和田恋と入れ替わりで、藤田一也内野手(37)が昇格。8月5日に出場選手登録を外れ、約1カ月ぶりに1軍に合流した。経験豊富なベテランは「(パ・リーグは)混戦の状態。この時期に呼んでもらったので、チームに貢献したい」と話した。指揮官も「プレーだけでなく、プレー以外の部分でも(藤田)一也の存在感は大きい」と期待を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース