中日、巨人に2連勝!竜打線が序盤に菅野攻略 小笠原が投打で活躍

[ 2019年9月4日 21:27 ]

セ・リーグ   中日8―4巨人 ( 2019年9月4日    前橋 )

中日の先発・小笠原 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中日は初回に先制を許すも、2回に巨人のエース菅野に集中打を浴びせて逆転。先発の小笠原が6回途中2失点の好投で2勝目を挙げた。

 0―1の2回にビシエド、高橋、阿部の3連打で無死満塁とすると、藤井の犠飛で同点に。そこから加藤の適時内野安打で勝ち越すと、2死一、二塁から大島が2点適時二塁打を放ち、菅野から一挙4点を挙げた。

 先発の小笠原は初回1点を失うも、雨が降りしきる中で5回2/3を5安打2失点の好投。4回の攻撃では1死二、三塁の場面から右翼線へ2点適時打を放つなど、バットでも貢献した。

 計13安打8得点で快勝。首位・巨人を相手に2連勝を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース