広島、神宮の夜空へソロアーチ3発 誠也に続き、長野&安部の連弾も飛び出す

[ 2019年9月4日 20:12 ]

セ・リーグ   広島-ヤクルト ( 2019年9月4日    神宮 )

3回2死、鈴木がソロ本塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 広島は打線が好調で、初回に鈴木、松山、長野による“クリーンナップ3連打”で2点を先制。3回には鈴木の26号、4回に長野の3号、安部の8号とソロ本塁打が飛び出し、4回までに5-1と4点のリードを奪った。

 3番・鈴木と5番・長野は早くも4回までにマルチヒットを記録。2人合わせて3打点と打線をけん引している。

 ▼広島・鈴木 打ったのはストレート。バッティングカウントでしっかり自分のスイングが出来てよかったです。

 ▼広島・長野 打ったのはストレート。いい風に乗ってくれましたね。

 ▼広島・安部 打ったのはストレート。長野さんのいい流れに乗って打つことが出来ました。いい追加点になって良かったです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース