阪神・青柳 わずか10球“中1日”で先発へ 雷に苦笑い「経験あるわけないじゃないですか」

[ 2019年9月4日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神(ノーゲーム)DeNA ( 2019年9月3日    横浜 )

初回、一度試合再会となるも再び落雷のおそれのあるためベンチに戻る青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 当然ながら、野球人生初となる落雷の可能性によるノーゲームに先発マウンドに上がっていた阪神・青柳は苦笑いを浮かべた。

 「(経験は)あるわけないじゃないですか(笑い)。誰もないでしょう、プロ野球で雷中止なんて」

 初回、先頭の神里に9球を要して空振り三振に斬ったところで中断。7分後に再開となり2番ソトに対し1ストライクを奪ったところで2度目の中断になるとマウンドに上がることはなかった。ベンチでは雷鳴がとどろくたびに「やばっ」と口に出して驚きの表情を浮かべていた。

 嵐を呼んだわけではないだろうが無念の“降板”となり「スピードも出ていましたし、良い感じで空振りも取れた。(試合前まで9打数5安打と)普段打たれている神里に良い感じで入れたので気合が入った」と振り返った。

 わずか10球しか投げておらず、中1日で5日のDeNA戦に向かうことが決定。「残り少ない試合ですぐに次のチャンスをもらえるので、期待を裏切らないように。このままの流れでいけたら」。快投の“続き”へ表情を引き締めた。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース