中日・小笠原、投打で連勝貢献 野手顔負け2点打「初球から行くと決めていた」

[ 2019年9月4日 21:56 ]

セ・リーグ   中日8―4巨人 ( 2019年9月4日    前橋 )

4回、2点適時二塁打を放つ小笠原 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 中日・小笠原が6回途中2失点の好投で2勝目。4回には2点適時二塁打を放ち、バットでも2連勝に貢献した。

 「回の途中で降りたことは課題」と反省しながらも、初回から5回までいずれも先頭打者を打ち取る安定した投球。「先頭を切ることを意識していた」と納得の表情を浮かべた。

 4―1とリードした4回1死二、三塁で迎えた第2打席では、宮国の初球を右翼線へ運ぶ痛烈な2点適時二塁打。野手顔負けの一打に「初球から行くと決めていた。バットに当たって良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース