日本ハム 不調の中田外しも零敗7連敗 栗山監督「投手が頑張っていたので、勝たせてあげたかった」

[ 2019年9月4日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム0-2ロッテ ( 2019年9月3日    ZOZO )

初回、いきなりロッテ打線につかまったロドリゲス(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 日本ハムは今季2度目の7連敗を喫した。不調の4番・中田を外すなど打線をてこ入れしたものの、5回から3イニング連続で併殺打を記録するなど、つながりを欠き零敗。栗山監督は「投手が頑張っていたので、勝たせてあげたかった」と悔しがった。

 得点圏で打てず連敗中の7試合の平均得点はわずか2・1。最下位ながらCS進出圏内の3位まで5ゲーム差だが浮上の兆しがつかめない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース