DeNA 筒香が延長10回サヨナラ2ラン!首位・巨人に接近2・5差

[ 2019年9月4日 22:29 ]

セ・リーグ   DeNA7―5阪神 ( 2019年9月4日    横浜 )

<D・神>延長10回1死一塁、サヨナラ右越え2ランを放ちガッツポーズを見せる筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAは、延長10回に筒香の27号2ランでサヨナラ勝利を決めた。巨人が敗れたため、首位と2・5ゲーム差に縮めた。

 0―4で迎えた4回2死走者なしでロペスの26号ソロで1点返す。1―5となった6回無死一塁にはソトのリーグトップとなる35号2ランで2点差とし、さらに無死一、二塁で佐野がライトへの適時二塁打
を放って4―5と1点差に迫った。

 8回1死から佐野の4号ソロで同点とし、5ー5で延長戦に突入。延長10回1死一塁、筒香が阪神6番手の能見からサヨナラ27号2ランを放ち、決着をつけた。

 9回から6番手で登板したエスコバーが今季5勝目をマークした。

 阪神は、4回に4点先制に成功。6回にも1点追加し、最大4点リードしていたが、中継ぎ陣が誤算。最後は能見が打たれてチームの連勝は3で止まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース