DeNA 筒香、打った瞬間にサヨナラ弾確信「いったかなと思いました」

[ 2019年9月4日 22:55 ]

セ・リーグ   DeNA7―5阪神 ( 2019年9月4日    横浜 )

延長10回1死一塁、サヨナラ右越え2ランを放つ筒香(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAは、延長10回に筒香の27号2ランでサヨナラ勝利を決めた。

 試合を決める一打を放った筒香は「後ろに今日ホームランを打っている佐野君がいたので、何とか繋ごうと思っていました。(打った瞬間に)いったかなと思いました」と自身の打席を振り返った。

 0―4から逆転勝利と挙げられたことについては「誰も諦めていませんでしたし、勝利を信じていたと思います。なかなか厳しいゲームだったんですけど、全員で勝ち取った勝利だと思います」と語った。

 首位巨人が中日に敗れたため、ゲーム差は2・5に縮まった。「ジャイアンツさんも素晴らしいチームですので、最後までベイスターズはベイスターズらしく最後まで1試合1試合全力で戦い抜きます」とリーグ優勝を目指しファンにメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月4日のニュース